国立駅前あき乃クリニック 管理栄養士ブログ

国立駅北口に開院以来、約8,900名様にご来院いただきました。平成23年4月に法人が変わりましたが、今後とも地域医療に貢献できるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

◆管理栄養士ブログ◆ 2013年1月4日

Filed under: 管理栄養士ブログ — kunitachidm @ 10:14 am

「免疫力を高める食材」

今シーズンの冬は例年より気温が低く寒さも厳しいですね。風やインフルエンザも心配です。

体調を崩されていませんでしょうか。

そこで今回は免疫力をつける食べ方について触れたいと思います。

免疫力のピークは一般的に20~40代にかけてです。その後は徐々に減退していくのですが、免疫力を決めるのは年齢だけではありません。若者でも睡眠不足、暴飲暴食、過度なストレス、肉体疲労、栄養の偏りといったことが続けば免疫力は低下していきます。

免疫力は食事、睡眠、ふだんの生活習慣、心理状態に大きく影響されるといわれています。

食事に関しては栄養状態を常に良好に保つことが大切です。

免疫力を高める食材には2種類あって、ひとつはウイルスと闘うリンパ球を鍛える食材、もうひとつはウイルスから身体を防御する粘膜を鍛える食材です。

それぞれの食材には以下のようなものがあります。

●ウイルスと闘うリンパ球を鍛える食材

・ビタミンC:いちご、かき、れんこん、柑橘類

・βグルカン:しいたけ、えのきだけ、エリンギ

・イソチオシアネート:ブロッコリー、キャベツ、かぶ

・ポリフェノール:大豆、春菊、ブドウ

・アリシン:にんにく、長ねぎ

●ウイルスから身体を守ったり粘膜を鍛える食材

・ビタミンB:さやいんげん、そば、玄米

・βカロチン:人参、ほうれん草、モロヘイヤ

・ビタミンE:アボカド、アーモンド

・ムチン、フコダイン:なめこ、ひじき、山芋

これらの食材をバランス良く摂ることが細菌やウイルスに対して抵抗力を持った身体を作ります。

丼ぶりや、パスタ、インスタント食品など単品メニューを食べたときは次の食事でバランスよく食べる工夫をしましょう。

広告